プロダクト

大容量高速ファイル転送ソフトウェア SKEED SilverBullet for File Messenger

SilverBullet for File Messengerは、メールや通常のファイル転送サービスで送れないようなGBを超える大容量ファイルや重要なファイル、遠方への送信を、Web画面操作で簡便かつセキュア、そして極めて高速に送り届けることができる、SKEED社が開発した大容量・高速送達ソフトウェアです。

映像業界での大容量高速ファイル転送ワークフロー

映像ファイルは大容量でセキュリティ問題もあり、メール添付等では相手にデータを送る事が困難ですが、SilverBullet for File Messengerを導入することで、ファイル転送サービスを利用している感覚で「Webブラウザ上で簡単かつセキュアな大容量ファイル送受信」を実現します。

高速でセキュアなインターネットを実現する4つの特長

1 操作簡便性

ユーザビリティを高めた視覚的な操作画面、クライアントへのインストール作業不要

  • Webベースの操作画面とメールアドレスによる送達先指定。
  • クライアントPCへの専用ソフトのインストール不要、JavaWebStartにて即起動。

 

2 高速性

グローバルな長距離間や低品質回線でも極めて高速かつ効率的に転送

  • データ伝送に特化した独自プロトコルSSBPを用いることで、通信距離やファイル容量、ファイル数を気にすることなく、FTPの数十倍の転送速度を実現。
  • 動的帯域制御機能により、他の通信トラフィックを阻害せず利用可能。

 

3 利便性

不特定先からのファイル収集や転送フローを効率化する機能の標準搭載および、負荷分散機能のオプション提供

  • 未登録ユーザーなど誰にでも高速ファイル転送での収集依頼を一度に100件まで可能。
  • ストレージファイルをコピーし直接送るダイレクトサーブ機能。
  • 1Gpbsの広帯域でも高効率に転送するFTクラスタリング機能。(負荷分散機能)

 

4 安全・確実性

ビジネスが求めるセキュアさ、送達の確実さ、管理機能を付与

  • 暗号化にDiffie-Hellman鍵合意とAESアルゴリズムを採用。
  • 受信側にはDL先URLとPWを送付。送信側はDL状況を通知。
  • 管理者にはユーザ登録・管理機能、送受信履歴情報を提供。
  • 送受信時に、SSBPとHTTP/HTTPS転送の選択が可能。

転送スピード(参考値)

HDVファイル 1時間12GB→22分で転送
※光回線(ビジネス契約100MB契約)で実施。
※弊社検証環境でのベンチマークであり、ネットワークのトラフックによって異なりますので参考値となります。
お客様へ評価ライセンスを提供しておりますので、お客様の環境にてご確認頂くことをお勧めしております。

製品機能一覧

ベーシックライセンス付属機能

機能名称 説明
動的帯域制御※ データ授受を行いつつ回線状況に合わせて使用帯域を制御し、他の通信の阻害を防止します。(高速転送モード利用時のみ)
レジューム機能 データ授受中に、ネットワークやサーバーがダウンした場合、復旧後に自動継続してデータ送信を行います。(高速転送モード利用時のみ)
セキュリティ機能 AESによる暗号化通信を実施(専用アップローダ・ダウンローダを使用した場合)
SSLサーバー証明書を用いたHTTPS通信を任意で実施可(WebBrowserを使用した場合)
少量多数ファイル一括転送機能 多数(数百個から数千個)の小容量ファイル(100KB以下)を一括して送信します。(高速転送モード利用時のみ)
WEB管理機能 ユーザー管理機能、各種モニタリング(サーバー動作、システムリソース、システムログ、セッション、転送処理、ユーザー操作履歴)および管理機能を提供します。
ファイル保管設定機能 アップロードファイルの保管期間を予め設定可能。さらにファイルのダウンロードも事前に回数制限を設定できます。
大容量ファイル転送機能 ファイルサイズ上限、ファイル数上限なし(高速転送モード利用時のみ)
※HTTP経由でのファイル送受信は1ファイルあたりのサイズの上限が4GBとなります。
同報数 一度に最大100件まで送信可能
再通知機能  受信者に対しファイルのダウンロードによる取得を促す通知メールを任意に繰り返し送信できます。
 ファイル収集機能  一度に最大100件のメールアドレス先に対して、for File Messengerを使ったファイルのアップロードを依頼することができます。

 

オプション機能

機能名称 説明
 FTクラスタリング機能 1つのWEBサーバに最大64台までFTエンジンが追加可能で、ファイル送達時の負荷分散を実現し、広帯域回線環境での転送効率を向上させます。
FTエンジンには100Mbps版と1Gbps版があります。
ダイレクトサーブ機能  for File Messengerサーバーのファイル格納場所として、ローカルディスクやNAS、SANなどあらかじめホームディレクトリに登録しておけば、そこに格納されているファイルを直接受信者に送達することができます。
(ベーシック機能では、一旦送信側のPC端末にダウンロードしてから再びアップロードするといった工数を要しますが、本機能ではそれが不要となります)

ご利用画面イメージ

送信画面

ファイル受信通知メール

評価ライセンスを発行致します。ご遠慮なくお申し付けください。

導入のご相談等サポート致します。

B! はてな LINE