プロダクト

リアルタイムバーチャルプロダクション Pixotope 《ピクソトープ》

リアルタイムバーチャルプロダクション

Pixotope

Pixotopeは、バーチャルスタジオ、拡張現実(AR)、オンエアグラフィックを、シンプルかつ迅速に作成するソフトウェアベースのソリューションです。

Pixotopeは、既存のシステム(映像信号やセンサー信号)等の外部データソースと接続するように設計されています。
Unreal Engineが内蔵されており、リアルタイムでフォトリアリスティックなレンダリングと合成を実現します。
デザイン、クリエイトコントロール、バーチャルセット、拡張現実パーティクルシステム、シミュレートされたカメラとレンズのプロパティなど、単⼀のユーザーインターフェイスから「オンエア」で使⽤するための迅速な設定ができるよう設計されています。

 

フォトリアリスティックレンダリング

Pixotopeは、EpicGames社のUnreal Engineを内蔵し、フォトリアリスティックなレンダリングをリアルタイムで⽣成します。
Unreal EngineそしてPixotopeの強力な組み合わせにより、デザイナーは、地形や葉、⾬、煙、⽕、髪、布、爆発などのパーティクルシステムや、シミュレートされたカメラを使⽤して、レンズの特性(歪み、被写界深度、⾊収差)などを含めたヴァーチャルセットとARコンテンツを迅速に作成することが可能です。

シンプルなユーザーインターフェース

Pixotopeはオンエア⽤に構築されており、ヴァーチャルセットや、XRウォール、ARコンテンツの設定と展開を可能にします。これにより、ユーザーは単⼀のユーザーインターフェイスからあらゆる種類の仮想コンテンツを構成、作成、制御することが可能です。

 

WYSIWYGエディター

Pixotopeの独⾃の⾃動設定⽣成ツールを使⽤してコンテンツを作成する場合でも、専⽤のWYSIWYG編集ツールを使⽤して独⾃のコンテンツを最初から作成する場合でも、PixotopeはUnreal Engineのリアルタイムの能⼒を利⽤して、単⼀のカメラプロジェクトから、すべて映画のような品質のライブマルチカメラバーチャルスタジオを出力します。

※ WYSIWYG =What You See Is What You Get

 

シンプルなライセンスプラン

1つのライセンスで、ヴァーチャルセット、XR Wall、ARに対応し、機能追加のオプション費⽤はかかりません。サブスクリプションも可能ですので、利⽤⽤途に合わせたライセンス提供が可能です。

特徴

■UnrealRenderエンジンを使⽤したリアルタイムのフォトリアリスティックなCGIキャラクターと環境

■HDR32ビット線形カラー処理およびレンダリング環境

■UHD/4Kを含む放送業界標準のビデオフォーマットのサポート

■使いやすい内部クロマキーヤー

■⾊補正、マスク調整、および画像効果のためのGPUベースの内部ビデオ処理システム

■ビデオがグラフィックシステムのアンチエイリアシングの影響を受けないことを保証する内部合成。

■AR⽤のガベージマット、反射、シャドウ、アルファ⽤の個別の出⼒を備えた外部合成パイプライン

■すべての標準的なリアルタイムカメラ追跡製品とプロトコルのサポート

■任意のWebブラウザで実⾏できる使いやすく顧客がカスタマイズ可能なコントロールパネル

■8つの完全に構成可能なビデオ⼊⼒および出⼒(※AJA Corvid 88を使⽤の場合)

■Genlock/SDI、SDIビデオ信号または内部Clockを介したトライレベルおよびBB⼊⼒と同期します。

■放送中⼼の3Dキャラクタージェネレーターとアニメーションツール

■エディターからライブブロードキャストまでのシームレスなWYSIWYGワークフロー、エディター内でのライブSDIとトラッキング

■データ統合とリモート制御のための外部の低遅延で⾼精度のAPIサーバー

■マルチカメラのサポート

■StudioCreatorを使⽤した仮想スタジオの⾃動⽣成

■プロフェッショナルおよびゲームタイプのGPUを含むコモディティハードウェアで実⾏

■FBX、Alembic、openEXRなどを使⽤した業界標準のコンテンツ⽣成ワークフローのサポート。

■ユーザーが制御可能なビデオおよびトラッキング遅延機能

■LTCタイムコードによるタイムコードのサポート

B! はてな LINE